2018年5月27日(日)棄権
第3回札幌ランニングフェスティバル(北海道札幌市)

大会概要

種目(コース
エントリー30K
・20K
・10K
・5K
・1K親子ペアラン
・40K駅伝(5K×8)
・20K駅伝(5K×4)
出走
・160名+52組+28チーム(30K:32名、20K:40名、10K:52名、5K:36名、1Kペア:52組/〈駅伝〉40K:10チーム、20K:18チーム)
気象
・天候(10時):曇り
・気温/湿度(10時/札幌管区気象台):13.4℃/51%
・風向風速(10時/札幌管区気象台):北西5.6m/s

レポート

  • 痛めていた左ふくらはぎ、無理しなければ行けるとの思いで30キロのスタート。
  • 5キロの周回コース、2周回目に入った直後に痛みが走り、止め時を探りながら走るはめに。
  • 2周回、10キロで棄権を申告。人生初めてのDNFとなりました。

2018年6月3日(日)棄権
第38回千歳JAL国際マラソン(北海道千歳市)

大会概要

種目(コース
エントリーフル
・ハーフ
・10K
・3K
エントリー
・ー名+ー組(フル:ー名、ハーフ:ー名、10K:ー名、3K:ー名+親子ー組)
気象
・天候(10時):ー
・気温/湿度(10時/新千歳空港測候所):ー℃/ー%
・風向風速(10時/新千歳空港測候所):ーm/s

レポート

  • 痛めた左ふくらはぎの回復が遅れ、大事を取って棄権(DNS)としました。

2018年6月24日(日)完走
きたひろしま30kmロードレース2018(北海道北広島市)

大会概要

種目(コース
エントリー30K
・15K
・5K
・3K
エントリー
・1,570名(30K:637名、15K:341名、5K:336名、3K:106名+75組)
気象
・天候(9時30分):曇り
・気温/湿度(10時/アメダス恵庭島松):22.2℃/ー%
・風向風速(10時/アメダス恵庭島松):北北東2.4m/s

レポート

  • 左ふくらはぎの痛みもほとんど気にならなくなったので、出走を決断。
  • 無理せず、キロ5分のペース走のつもりでスタート。
  • 総合体育館前を一旦下った後、上り坂を経てエルフィンロードの愛称のサイクリングロードに入る。
  • 片道7.5キロのサイクリングロードを2往復するコースだが、高低差が約35メートルもあり、ペースコントロールが難しい。
  • スタート時は曇り空だったが、途中陽射しもあり、暑く感じた。ところどころの木陰に助けられた。
  • ほぼキロ5分で1往復を終える。
  • 2往復目は、まったく余裕無し。気持ちだけでペースを維持。残り1.5キロの跨線橋の上りが正念場、必死に腕を振る。
  • 最後は、ファイターズファンランの選手をくぐり抜け、ゴールの総合体育館の駐車場にたどり着く。
  • 何とか、ペースを落とさずに、故障再発もなく走りきることができた。
  • 大会関係者の皆さん、給水サポートの高校生の皆さん、ありがとうございました。これから、故障の1ヶ月間を取り戻します。

2018年7月8日(日)中止
第13回札幌・豊平川市民マラソン大会(北海道札幌市)

大会概要

種目(コース
エントリーフル
エントリー
・ー名 (男子:ー名、女子:ー名)
気象
・天候(10時):ー
・気温/湿度(10時/札幌管区気象台):ー℃/ー%
・風向風速(10時/札幌管区気象台):ーm/s

レポート

  • 大会前の大雨の影響で、豊平川河川敷が冠水し、コース上に土砂が堆積したため、大会中止となりました。

2018年7月29日(日)完走
第46回釧路湿原マラソン(北海道釧路市)

大会概要

種目(コース
エントリー30K
・10K
・3K
・ウォーク30K
・ウォーク15K
エントリー
・3,184名+234組(30K:1,243名、10km:803名、3km:719名+親子234組、30kmウォーク:107名、15Kウォーク:312名)
気象
・天候(9時30分):曇り
・気温/湿度(10時/釧路地方気象台):21.5℃/94%
・風向風速(10時/釧路地方気象台):南南東3.8m/s

レポート

  • 前日の夕方に釧路入りし、早速、レストラン泉屋本店のスパカツでカーボローディング。
  • 第46回釧路湿原マラソンは、ゲストランナーに最強市民ランナーの川内優輝選手を迎え開催されました。川内選手は弟の鮮樹さん、お母さんの美加さんとのファミリーでの参加でした。
  • 当日の天気は曇り。紫外線をヒリヒリと感じ、体感的は気温の21.5℃より相当高く感じました。
  • 参加した30キロは9時30分のスタート。運動公園を抜け、市街地、新釧路川左岸を走り、長い釧路湿原道路を折り返すアップダウンの少ないコースです。
  • 釧路湿原に入り、紫外線は弱くなりましたが、時折陽射しが出るなど、涼しい釧路にしては、蒸し暑いコンディションの中での大会となりました。
  • 給水は十分摂ったつもりでしたが、厳しい条件の中、10キロ毎のラップは下降線を辿る一方。気力で、大崩れにだけはならないように走るのが精一杯でした。
  • 今大会から荷物預かり所が、陸上競技場前から少し離れた「湿原の風アリーナ釧路」に変わりました。荷物を受け取りに戻るとすでにリュックが出ているではありませんか。学生さんがアリーナ入り口前でゼッケンを読み取り、受け渡しの学生さんに伝えていたんですね。感激しました。
  • 今年も30キロ気持ち良く走り、釧路を後にすることができました。大会関係者の皆さん、ボランティアの皆さん、ありがとうございました。

2018年8月18日(土)完走
第1回さっぽろ夏マラソン(北海道札幌市)

大会概要

種目(コース
エントリー10K
・5K
・親子3K
エントリー
・227名+52組(10K:171名、5K:56名、3K親子:52組)
気象
・天候(10時):曇り
・気温/湿度(10時/札幌管区気象台):19.5℃/58%
・風向風速(10時/札幌管区気象台):北北西2.8m/s

レポート

  • 昨年まで「夕涼みマラソン」として親しまれていた大会が、「さっぽろ夏マラソン」に生まれ変わり、北海道ライススポーツ推進協会の主催で開催されました。
  • ハーフの部こそなくなったものの、豊平川右岸河川敷コースで豊平橋を発着する10キロ、5キロに加え親子の3キロの部で、10時から順次スタートしていきました。
  • 雨が続いた週でしたが当日の気温は20℃前後で、ところどころに青空も見える曇り。走りやすい条件でした。
  • 次週に迫った北海道マラソンの調整として参加しているランナーが多い大会です。そんな私も10キロに参加しました。
  • 後半5キロは、前半よりタイムを落としてしまいましたが、次週の大一番に向け、とても良い調整となりました。
  • 北海道ライススポーツ推進協会の皆さん、大変お世話になりました。

2018年8月26日(日)完走
2018北海道マラソン(北海道札幌市)

大会概要

種目(コース
エントリーフル(公認)
・ファンラン12.1K


エントリー
・21,180名(フル:18,012名うち15,980名出走/12,980名完走、ファンラン:3,168名うち2,843名出走/2,577名完走)
気象
・天候(スタート時):晴れ
・気温/湿度(スタート時):22℃/75%
・風向風速(スタート時):0.3m/s

レポート

  • 晴天のなか、8時すぎに大通ビッセ前のCブロックに並ぶ。
  • 1分前からテレビ塔の電光時計のカウントダウンが始まり、9時ちょうどにスタートの号砲。
  • 大通4丁目のスタートラインまでのタイムロスはおよそ30秒。周りの流れに乗ると、徐々に混雑がこなれていく。
  • 入りの5キロは混雑と上り基調でゆっくりと、次の5キロは下り基調でペースアップとなるのが常。
  • そこで、いつも気にしている10キロ以降のラップ。10から15キロ、15から20キロの5キロラップがどんどん落ちていく。
  • 気持ちが高ぶり寝不足気味でスタート。身体が重く、明らかに調整の失敗。目標としていた3時間40分は、諦めた。
  • 下降するラップが止まらない。完走できるのか不安になる。幸い気温はそれほど上がっていないようだ。
  • 折り返してからは、ひたすら我慢。
  • とうとう堪えきれず35キロ給水ポイントでは、テーブルの裏に回る。2杯、3杯と給水を摂り、気を取り直しコースに戻る。
  • 北大構内に入って、ようやく完走が見えた。後は粘り、気力。
  • 最終関門の道庁赤れんが庁舎を過ぎ、大通に戻る。沿道脇の声援を受け、大通西8丁目のフィニッシュにたどり着きました。
  • 立っていることができず縁石に腰を下ろします。脱水だったようです。やはり、夏マラソンは過酷でした。
  • 大会関係者の皆さん、ありがとうございました。苦しさの中にも生を感じた42.195キロでした。

2018年9月23日(日・祝)完走
第27回ピパオイヘルシーロードレース兼第23回美唄市ハーフマラソン大会(北海道美唄市)

大会概要

種目(コース
エントリーハーフ(公認)
・10K
・5K
・3K
・2K
エントリー
・1,181名(ハーフ:636名/うち公認は76名、10km:125名、5km:177名、3km:105名+親子ペア52名/26組、2km:86名)
気象
・天候(10時30分):曇り
・気温/湿度(10時/アメダス美唄):18.8℃/ー%
・風向風速(10時/アメダス美唄):南2.5m/s

レポート

  • 直前まで降っていた雨も上がり、10時30分に一般ハーフ・公認ハーフのスタート。
  • 美唄市総合体育館前を発着し、市街地を抜け、長く続く農道の先を折り返す平坦なコース。
  • 農道に入ると向かい風。次戦の別海町パイロットマラソンの調整として、キロ5分のペースを刻む。
  • 余裕を持ったペース設定のつもりだったが、向かい風の影響か、それほど余裕はない。
  • 折り返してからは、追い風のはずだがペースが上がらない。
  • 維持してきた設定ペースも、終盤はキロ5分を越える。余裕など全くない。
  • 前半のわずかな貯金のお蔭で、何とか1時間45分を切ることができたが、次戦でのタイムは望めないことがはっきりした。
  • 大会関係者の皆さん、自衛隊の皆さん、今年もお世話になりました。

2018年10月7日(日)中止
第40回別海町パイロットマラソン(北海道別海町)

大会概要

種目(コース
エントリーフル(公認)
・5K
エントリー
・ー名(フルマラソン:ー名、5K:ー名)
気象
・天候(10時):ー
・気温/湿度(10時/アメダス別海):ー℃/ー%
・風向風速(10時/アメダス別海):ーm/s

レポート

  • 台風25ご号の影響で中止となりました。