公益社団法人 日本電気技術者協会 北海道支部


 【初代】小山田 惣次郎('55〜'65)
 【2 代】 原田 薫('65〜'68)
 【3 代】 佐藤 一郎('68〜'78)
 【4 代】 岡本 利雄('78〜'83)
 【5 代】 村岸 嘉幸('83〜'85)
 【6 代】 濱谷 洲人('85〜'89)
 【7 代】 泉 誠二('89〜'91)
 【8 代】 加藤 博道('91〜'93)
 【9 代】 樋口 實('93〜'95)
 【10代】 原田 彰('95〜'99)
 【11代】 武田 俊基('99〜'01)
 【12代】 坂本 裕郷('01〜'01)
 【13代】 近藤 龍夫('01〜'04)
 【14代】 吉川 照一('04〜'08)
 【15代】 大房 孝宏('08〜'10)
 【16代】 吉本 浩昌('10〜'11)
 【17代】 阿部 幹司('11〜'13)
 【18代】 真弓 明彦('13〜'14)
 【19代】 藤井 裕  ('14〜  )

     (公社)日本電気技術者協会 北海道支部長  藤井 裕
支部長就任のご挨拶
  •   会員の皆様におかれましては、日頃より当協会の諸活動に対し、格別のご高配を賜り厚く御礼申し
  • 上げますとともに、電気技術の普及発展および電気保安の確保に日夜ご尽力いただいておりますこと
  • に、深く敬意を表します。
  •   この度、真弓前支部長の後任として第19代北海道支部長に就任いたしました藤井でございます。
  • 協会発展のため、微力ではございますが、力を尽くす所存でおりますので、よろしくお願い申し上げま
  • す。
  •   さて、東日本大震災以降、我が国の電気事業を取巻く環境は激変し、大変厳しい状況となっており
  • ます。本年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」においては、エネルギー政策の要諦である
  • 「安全性」を前提条件とした上で、「安定供給」「経済効率化の向上」「環境への適合」いわゆる「3E+S」
  • の基本的視点の確認がされ、原子力を安全性の確保を大前提にエネルギー需給構造の安定性に寄与
  • する「重要なベースロード電源」と位置づけられました。しかしながら、北海道においては泊原子力発電
  • 所の長期停止に伴う火力発電所の高稼働など電力の供給構造変化や厳しい電力需給状況などがあり、
  • 引続き北海道のみならず日本全体での節電・省エネなどの取り組みも重要となります。また、電力シス
  • テム改革につきましては「小売の全面自由化」を盛り込んだ「電気事業法の改正案」が可決・成立し、
  • 平成28年をめどに電力小売の規制が撤廃されるなど、大きな変革期を迎えようとしています。
  •   こうした状況に加え、昨今の規制緩和や平成24年7月の再生可能エネルギー固定価格買取制度
  • の開始などにより、電気技術者の果たす役割は一層重要なものとなっております。節電に関しましても、
  • 電気技術者として従来取り組んでいる省エネや効率的な電気の利用など各地域で積極的な役割を果た
  • していく必要があると思っております。
  •   会員の皆さまにおかれましても、電気技術者として責任感、使命感のもと長年培われた高度な技術
  • と専門的知識および豊富な経験を如何なく発揮され、地域社会のインフラを担う仕事に貢献されます
  • ことをご期待申し上 げます。
  •   当支部といたしましても、このような重責を担う会員の皆さまとの連携を通じ、お役に立てるようサポ
  • ートし、その時々のニーズに応じたタイムリーで魅力のある活動を展開していく所存です。
  •   最後になりますが、現場の第一線に携わる皆さまにおかれましては、時代の要求に応えるなど臨機
  • 応変な対応を求められる機会も多いことと存じます。日頃より健康・安全に留意され、更なるご活躍を
  • 心から祈念いたしますとともに、今後も当協会・支部への変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い
  • 申し上げ、支部長就任の挨拶といたします。
  •                                                       (平成26年7月)

|HOME | 地区事務局 | リンク | ご利用にあたって| 個人情報の取扱い |
Copyright © 2005-2006 JEEA Hokkaido. All Rights Reserved.
- Dsign by.WebDaisuki.com -